主婦日報 家事×育児×書道×イロイロ=ワタシ

家事、節約、育児、書道、ミニマム生活、ダイエット などについて書いています。

そろそろ本気でエイジングケア!幹細胞美容液の効果やいかに?!

f:id:himiko76:20180114152048p:plain

 

こんにちは!ひみこ(@himikoraimi)です。

私、年齢も38歳になりがっつりアラフォーですが根拠のない自信で

 

肌年齢は結構若いぜ!

 

 

と思って来ました。ところが!

 

昨年秋の娘が卒乳したあたりから、ホルモンバランスが変わったせいなのか肌がゴワつく感じがなんとなく気になってきました。 それに加えてここ最近

  • なんとなく肌のハリが無い・・・
  • 顔全体もなんとなくくすんでるような・・・
  • 薄かったしみが目立つ気がする・・・

書いてて、凹むわー。(苦笑)
これって疑うことなく

 

加齢の影響・・・・←やっと認めた)

 

そんな訳で38歳のわたくし、そろそろ厳しい現実(笑)に目を向けてお肌のエイジングケアを始める決心をしました、さて何をどうしたらいいのか・・・と、エイジングケアについて色々調べてる中で

 

「幹細胞美容液」

 

というワードを初めて知りました。これ、知れば知るほど面白そうなので今回は「幹細胞コスメ」についてご紹介していこうと思います!

こんな人におすすめの記事です
  • そろそろお肌のエイジングケアをしたいと思っている人
  • しみ、たるみ、くすみ、ほうれい線が気になり始めた人
  • 無添加で安心して使える基礎化粧品を探している人

参考になるかもしれません。よかったら読んでみてください。

そもそも「幹細胞美容液」ってなに?

f:id:himiko76:20180114143113j:plain

 エイジングケアに良さそうな化粧品を探す中でたまたま見かけた「幹細胞美容液」。どんなものなんでしょう。

まず幹細胞って何?

美容の分野で「幹細胞」と言っているのは正しくは「脂肪幹細胞」というそうです。「脂肪幹細胞」とは、肌構造を健やかに保つ物質を作り出す役割があり、その物質の中の一つに肌の潤いを保つコラーゲンも含まれます。

ちなみに、この脂肪幹細胞がコラーゲンを生み出す能力は年齢とともに低下するんですね。その低下した能力を補うのが「幹細胞コスメ」や「幹細胞美容液」と呼ばれるものです。

幹細胞美容液って幹細胞が入ってるの??

加齢で低下した幹細胞のコラーゲン生成能力を補うのが最近言われている「幹細胞美容液」の仕組みです。

 

 

幹細胞美容液って幹細胞は入ってるの??細胞を肌に塗るの?

 

 

 

と私は最初思ったんですよね。でも違うみたいです。(苦笑)

 私のように加齢とともに働きが鈍った脂肪幹細胞の働きを促したり、生成する物質に着目して作られた美容液が「幹細胞美容液」と呼ばれているようです。

 

幹細胞美容液と言われる商品は色々、ヒト幹細胞由来や植物由来も成分のものなど、種類が多く、値段もまちまちなのが現状のようです。

 

とりあえず私が選んだ幹細胞美容液は「シグナリフト」

f:id:himiko76:20180114143056j:plain

表面的な潤いを補う訳ではなく、細胞そのものに働きかけると言う点で「幹細胞美容液」とても興味を持ったので、まず何か使ってみたいと思って調べてみたのですが。

 

成分もお値段も色々。

かなり迷います。(苦笑)

 

価格が高いほど「効き目ありそう♪」と思うけど、主婦としてはお値段はできれば控えめが嬉しい・・・。でもちゃんとエイジングの役目は果たしてほしい・・・。

 

わがままでしょうか・・・。(笑)

 

そんなことを思いつつ、選んだのが「シグナリフト」と言う美容液です。

シグナリフトにした理由

f:id:himiko76:20180114143156j:plain

幹細胞に働きかける美容液がたくさんある中で、私が「シグナリフト」を選んだ理由は4個。

シグナリフトを選んだ理由
  1. 厚生労働省の許可施設「再生医療センター」が開発したもの
  2. エタノール、鉱物油、界面活性剤など無添加
  3. ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどのエイジング成分も配合
  4. 通常価格が10800円が初回は5400円で購入可できる(2018年1月現在)

それぞれ簡単に説明すると・・・

1.厚生労働省の許可施設「再生医療センター」が開発したもの

はい、こう言う権威づけには弱いですねぇ。(笑)

でもどこで開発されたものかはっきりしていると安心して使えますよね。

 

この再生医療センターが幹細胞のコラーゲンを生成する能力を高める新成分として開発したのが「シグナペプチド」というものだそうです。

この成分の働きで肌のコラーゲン量が増え、加齢で弱った肌を再生させる効果を期待する美容液なんですね。

 

 

ちなみに「ペプチド」と言うのはアミノ酸が2個以上繋がったもの。どんな組み合わせでアミノ酸が繋がっているかで機能が違うそうです。

 

 

 

2.エタノール、鉱物油、界面活性剤など無添加

「無添加」って言葉にも弱いです。(笑)ちなみに公式サイトでは

こんなものが無添加
  • 香料
  • 着色料
  • 鉱物油
  • 合成防腐剤
  • 界面活性剤
  • シリコン
  • エタノール

が無添加と紹介されています。

この無添加処方も「安心して使える」と思える要素ですね。

3.ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどのエイジング成分も配合

幹細胞に働きかけることがエイジングに繋がる「シグナリフト」ですが、その他のすでによく知られるエイジング成分も配合されていました。

エイジング成分
  • APPS浸透性ビタミンC(コラーゲンの合成促進、活性酸素の分解)
  • フラーレン(抗酸化作用)
  • プロテオグリカン(保水作用)
  • ヒメコウジ葉エキス(防腐作用)
  • 微粒子化コラーゲン(保水作用)
  • ヒアルロン酸(保水作用)
  • セラミド3(保水作用、肌のバリア機能)

セラミドやヒアルロン酸は、それぞれの成分に特化した美容液が発売されているほど効果が期待できる成分ですよね。幹細胞に働きかける以外の部分でも効果が期待できるんじゃないかな、と思いました。

4.公式通販サイトなら通常価格が10800円が初回は5400円で購入できる(2018年1月現在)

 

半額になってると試しやすいですよねー。

 

 

とりあえず試してみたい私には非常にありがたい価格!主婦としては結構重要なポイントです。

 公式通販で買うと自動的に定期購入コースを選択することになりますが、30、40、60日と頻度も選べますし、休止や停止の手続きもネットで簡単にできます。

と言うことで、幹細胞美容液「シグナリフト」を買ってみました。

安く試せるし、買ってみよっかな、てことで早速ポチって買ってみました、シグナリフト。届いたのがこちら。

 

ちっちゃーい。(笑)

化粧水と違って美容液なので、バシャバシャ贅沢に使うものではないのでこんなもんですね。これを1回3プッシュくらい使うそうです。

 

シグナリフトのテクスチャ

クリームのようなこっくり感なく、液体とジェルの間くらいの固さ。肌に伸ばすとするするーと伸びる感じでした。

シグナリフトの使用感

こっくりしたテクスチャーではなかったので、肌につけた感じはとても軽く、べとつく感じもありませんでした。

レビューや口コミではシグナリフトだけでもしっかり潤う、みたいなコメントもありましたが、乾燥が強い私はこれだけではちょっと心許ないのでシグナリフトをつけた後でいつも使っている保湿乳液をのせるといい感じでした。

ちなみにシグナリフトの公式サイトでは、シグナリフトを重ねづけして、クリームなどで保湿する方法が推奨されていました。

シグナリフト使用前の私の肌がこれ!

かなりお見苦しい写真になりますが、効果を知るためにはやっぱり使用前、使用後の写真があった方がいいと思うので使用前の写真をのせておきますね。

 

すっぴんの本当にヤバい肌なので閲覧注意です・・・。

見苦しいから小さめの写真にしておきますね。(苦笑) 

吹き出物もシミもたるみもありますね・・・後、鼻のあたりの毛穴・・・(凹)

さて、これがシグナリフトを1ヶ月くらい使ったらどうなるのか!?改善してるといいなー。

 

まとめ:幹細胞美容液でエイジングケア始めました

はい、今回はエイジングケアを探す中で出会った「幹細胞美容液」について調べてみたことと、実際に使い時始めた「シグナリフト」についてご紹介しました。

 

使い始めてまだ数日なので、はっきりと目に見える効果はまだわかりませんが。結構期待しています!

 

さて、およそ1ヶ月使い切ったころに、今度は使用後レポをアップしたいと思います!

今回も最後まで読んでくださってありがとうございます!