主婦日報 家事×育児×書道×イロイロ=ワタシ

家事、節約、育児、書道、ミニマム生活、ダイエット などについて書いています。

LINEPayカードを約1ヶ月使ってみた!感じたメリット・デメリットなど感想を紹介するよ!

スポンサーリンク


 

f:id:himiko76:20180126165707p:plain

こんにちは、ひみこです。

 

今日はお金の話です。

 

 

と言っても、投資の話ではありません。

もっと生活に密着したお金の話。

 

LINE Payカード

 

ご存知ですか?

LINEが提供しているプリペイドカードのサービスです。JCBと提携し国内外3300万くらいの加盟店での支払いに利用できる前払い式のカードです。

 

前払い(チャージ)した金額の範囲の金額しか買い物できないので、「ついつい使いすぎる」ということもありません

また、クレジットカードは買い物をしてから、カードの請求金額が引き落とされるまでのタイムラグがどうも私は嫌なんですが(苦笑)、LINEPayカードはチャージした分からすぐに精算がかかるのでタイムラグがない、という点もメリットを感じます。

 

しかも、ポイントが2%という高還元率。

 

私は昨年12月あたりから使い始めたのですが、使ってみて分かったこと、感じたことがあったのでご紹介しようと思います。

今日の記事は
  • 普段の買い物をキャッシュレス化したい人
  • キャッシュレスが便利なのはわかるけど精算にタイムラグがあるのが嫌な人
  • 還元率のいいカードをお探しの人
  • お金の管理をわかりやすくしたい人
  • 普段の買い物で無駄なくポイントを貯めたい人

こんな方に、何か参考になることがあるかもしれません。

 

 

LINEPayカード1ヶ月使用でほぼキャッシュレス生活に移行

まず、私がどのようにLINEPayカードを使っているか簡単に説明しておきます。

私のLINEPayカード利用状況
  • 食品、日用品など普段の買い物は全て LINEPayカードを使用
  • 日常の買い物以外、ネットで買い物をするときもLINEPayカード使用

普段から食品を買うのに使っているスーパーやドラッグストアはクレジット払い対応のお店だったので、全てカード払いに移行しました。

 

JCBカードが使えるところでの支払いに使える、ということはクレジット決済できるお店ならほぼ使えました。 

 

財布から小銭は消え、財布がスッキリしました。

 

精算までのタイムラグがなく、現金払いとカード払いのいいとこ取り

f:id:himiko76:20180126150039j:plain

これは、完全に私の感覚なんですけどね。(苦笑)

クレジットカードの買い物って、買ったその時はクレジットカードに借金してるようなもんなんですよね。

 

商品やサービスを購入した1ヶ月半後 くらいいクレジットカード会社へ支払うまで支払いが完了していない感がなんか・・・嫌なんですよね。(私は。)

もちろん、翌月のクレジットカードの支払いができるように月内のカード払いした金額は引き落とし口座にプールさせていますが。

 

通販で代引き手数料を削減するために、大した金額でもないのにクレカで購入して、支払いが完了していないというあの感覚が、なんかねぇ・・・。(苦笑)

 

基本的にせっかちなんですよね、私が。(苦笑)

 

 

プリペイド形式で使えるカードを使って買えば、支払いはその場で完結するので、そういう心苦しさが無く、現金払いで感じるすっきり感とカード払いで得られるメリットが両立できるので、その点は私にとってはメリットでした。

LINEPayカードを使うようになって会計がスムーズになった

f:id:himiko76:20180126150619j:plain

日常的な買物は子供を連れて行くことが多いので、レジで端数の小銭出したり、お釣りを受け取る作業は地味に時間食って、子供が「まだ〜?」ってなって困るんですが。(苦笑)

カード払いだと、カードをポンと出して処理してもらって、レシートとカード返してもらって終わりなので、レジの会計作業がスムーズです。

 

そのスムーズな会計に慣れてくると、時々店によっては「サインしてください」ってところがあり、サインですら面倒に感じます。(苦笑)

 

私が利用するよく利用するスーパー2軒のスーパーのうち一軒はサインを求められるので、だんだんサインしなくていい方にばかり行くようになってきました。(笑)

 

LINEPayカードが使える店が多くポイントがどんどんたまる

f:id:himiko76:20180126151216j:plain

こんな感じで日常の買い物はほぼLINEPayカードになりましたが、先で紹介した通りこのカードポイント還元率が2%なので、結構目に見えてポイントがどんどん溜まっていきます。

 

いろんなところでポイントを貯められるサービスといえばTポイントがありますが、Tポイント提携先は77万5千件(昨年末現在)。

 

一方LINEPayカードが利用できるのは、JCB加盟店になるので国内外の3300万件。・・・すごい数ですねぇ。(笑)

 

コンビニをはじめ、大体のところで使えます。今までカードで買い物したことなかった先で初めてLINEPayカードを使う時に「JCBカードで支払いできますか?」と聞くと、大体どこでも支払い可能でした。

 

お店独自ではポイント付与サービスをしていない店舗を利用してもポイントがもらえるので、かなり効率よくポイントが貯まります。

 

カードで精算した数日の内には、ポイントが反映されます。

 

貯まったポイントはLINEのアプリから確認できます!

 

 

貯まったポイントは、LINEのスタンプ買うのに使うこともできるし、他のポイントプログラムのポイントに移行することができたり、ローソンのコーヒーのドリンクチケットになったち、いろんな使い方ができます。

 

私が一番いい使い道だなと思うのは、1ポイントを1円に交換してLINEPayカードにチャージする方法です。1ポイントから交換できるので、カードの残高の端数をキリ良くしたいときにちょっと足したりすることも可能です。

 

ポイント還元率がかなりいいので、1ヶ月ほど利用して2000ポイントくらいになりました。自炊するなら1日分の食費くらいにはなりますね♪

 

今のところガソリンスタンドだけLINEPayカード使えなかった

f:id:himiko76:20180126151743j:plain

私の生活圏で今のところ唯一LINEPayカードが使えなかったのは、セルフガソリンスタントでした。

カードを入れると「このカードは使用できません」という案内をされ、LINEPayのアプリの方に

 

「1円の精算ができませんでした」

 

という通知がきます。

これは、精算をかける機械の機能上そうなってしまうようで、カードに問題が発生しているわけではないようです。

 

調べてみると、そのカードが有効なカードかどうか確認するため最初に1円の精算を掛けて大丈夫だったら精算を受けつける「オーソリゼーション」という方法があるそうです。

 

その方法にLINEPayカードが対応していないため、使えないそうです。

 そんなわけでガソリンだけは、手持ちの普通のクレジットカードで支払いをしています。

 

他にも、月額払いのものなどLINEPayカードで決済できないケースが何件があるようなので、また詳しく調べてみようと思ってます。(でも、今のところ決済できなくて困ったことはないです。)

 

Amazonのプライム会員の年会費はLINEPayカードで支払えた

f:id:himiko76:20180126152549p:plain

 

 LINEPayカード月額払いのものには使えない場合があると聞いていたのですが、Amazonのプライム会員更新時の年会費はLINEPayカードから引き落としができました。

 

気をつけないといけないのが、Amazonのプライム会員情報でいつ引き落としになるかを事前に確認してその日には該当の金額がチャージされた状態になってないと、引き落としができません。

 

引き落とし日に残高をチェックして必要に応じてチャージしておく必要はありますが、クレジットカードのように登録さえしておけば知らぬまにお金引き落とされ、「なんとなく払ってる」ということが無くなるので無駄が減るんじゃないかな、と思いました。

 

ビジュアルで数字確認できるので予算管理しやすくなった

f:id:himiko76:20180126152719j:plain

これは、「財布に今いくら入ってますか?」と聞かれてすぐ答えられない私にようなズボラ主婦におすすめなのですが。(笑)

 

LINEアプリで残高やお金の出入りがリアルタイムで確認できるので、とても便利です。

 

予算を決めて、予算の期間の最初にその金額をチャージしておくと残高がいくらか、正確な金額を確認することができるので「今週はあと◯円使える」と明確にわかるので、先の予定を立てたり予算をイメージしやすくなりますよね。

 

LINEPayカードは家計簿アプリと紐付けできるのですごく便利♪

f:id:himiko76:20180126153030j:plain

私、家計簿が続かないダメ主婦なんですがね。

LINEPayカードを使うようになって、家計簿が続いてます。

 

というのも、LINEPayカードの履歴が家計簿アプリと紐付けできるので、日常の買い物でLINEPayカードを使えばそれがそのまま家計簿アプリに反映されます。

 

対応している家計簿アプリは「Money Forward」と「Zaim」です。使ってる人も多いのではないでしょうか?

 

私はMoneyForwardを使っています。

LINEPayカードでのお買い物が反映されたMoneyFowardの画面がこちら。

 

消しまくってて、わかりにくいかもしれませんが。ファミマで買い物しすぎですね。(笑)

こんな感じで、細かい品目別には出ませんが、使用した店舗ごとに反映されます。

 

店舗名によっては、自動的に費目が食費に振られているものもありますが、費目が「不明」でになっているものもあるので、それを自分で費目をつける程度で家計簿が完成します。

 

だいたい利用するお店で費目は分かれるので(スーパーは食費、ドラッグストアは日用品、のように)細かい品目なしでざっくり費目がわかればそれでいいなら、この家計簿で十分自分の消費行動を振り返ることができます。

 

チャージが面倒臭い問題もクリア

f:id:himiko76:20180126155014j:plain

チャージするタイプのカードの場合、導入するとき最初にネックになるのが

 

チャージするの面倒臭い問題

 

だと思います。

コンビニのレジとかで「◯円分チャージしてください」とかいちいちいうの本当面倒ですよね。

 

LINEPayカードにチャージする方法

  • ローソンのレジ
  • セブン銀行ATM
  • ファミポート
  • 銀行口座

主にこの4つです。どれも簡単にチャージできます。

ファミポートは機械操作して、出力された紙をレジに持って行くので、手間がちょっとかかります。

2018年1月現在、他のコンビニやpay-easy経由でもチャージできるようですが、2018年2月13日で終了になるそうです。

 

私の場合、銀行口座からチャージする方法がすごく便利だった

LINEPayカードの使い始めは、簡単操作でチャージできるセブンのATMを使っていましたが、機械操作は簡単なんですけどコンビニに立ち寄るのが面倒になってくるんですよね。(苦笑)

 

子供を連れて買い物にいく前にコンビニに寄ってチャージする、とかトラップが多すぎるわけですよ。(笑)

 

スーパーいく前に、コンビニのお菓子コーナーで立ち往生とか何度か経験しました。(苦笑)

 

 

そんなわけで途中から、LINEPayカードのチャージに対応してる銀行の口座を持っていたので、銀行チャージに変えました。

 

最初に銀行口座を登録して紐付けしておけば、あとはスマホの操作で銀行口座から直接カードにチャージできます。(手数料無料です。)

その銀行に月内のの予算を放り込んでおいて、その日の買い物でLINEPayカード決済で買い物をする予定の金額チャージして使うようにしています。

 

最初から多めにチャージしとけば、買い物の都度チャージしなくてもいいのに・・・とも思うかもしれませんが、町内会費や稽古事のお月謝など現金でしか払えないものもあったりするので、必要に応じてチャージしています。

 

チャージは手数料かかりません。だから細かく回数刻んてチャージしても大丈夫!

 逆に、カードにチャージした残高をセブンのATMから現金で引き出すことは可能ですが、その場合は1回216円手数料がかかります。

 

そんなわけで、必要に応じてチャージした方が良いというわけですね。

 

 

コンビニに出向かず手元チャージ操作ができるので、買い物の途中で来週の予算で来週分もまとめて買っておこう、予算予定に変更があった場合は買い物途中で追加チャージも可能なので便利です。

 

まぁ、この場合は調子に乗ってチャージしすぎないように気をつけましょう。(笑)

 

LINEPayカードを使って感じるデメリット

f:id:himiko76:20180126155855j:plain

ここまではほぼメリットをご紹介してきました。ガソリンスタンドで使えないなどの不便はありましたが、それをカバーできるだけのメリットを私は感じていまが。

 

ガソリンスタンド以外で「ここがもう少し良くなったらな」と思うところを、あえてデメリットとして挙げておきます。デメリットは主に2点です。

LINEのアプリが多機能な点

LINEといえばメッセージアプリのイメージ強いと思いますが、そのアプリの中にLINEPayカードの残高などが確認できるコンテンツが一緒に入っています。

 

私LINEをよく使うのでメッセージのトークルーム画面をよく開いていますが、LINEPayカードの残高を確認する時はそのトークルーム画面を一旦閉じて、

 

メニュー>その他>LINEPay

 

と選択しなければならないのが若干面倒です。

反対に、LINEPayの画面からトークルームを確認するもの若干面倒です。(苦笑)

 

いっそのこそ、LINEPayカードのアプリだけ独立させてもらえると利便性が向上するんじゃないかな、と思います。

 

アプリしかない心許なさ

利用した履歴や明細を確認できるのは、LINEののアプリのみです。

従来のクレカのようにネットで細かいweb明細をPCで確認することに慣れていると物凄く心許無く感じます。

でも、まぁ、先で支払うものではなくすでに決済が完了してるものだし、レシートと同じくそんなに何度も見返すことはないと思うんですけどね…。

 

実際に使って感じたデメリットはこの辺りです。カード自体の不便さは特に感じていません。

 

私が使うときに注意していること

f:id:himiko76:20180126160616j:plain

LINEカードを使うときに気をつけていることがあります。それは、

気をつけていること
  • 一度にたくさんチャージしないこと
  • カードもスマホは一緒に管理しないこと

この2点です。

 それぞれ説明しますね。

一度にたくさんチャージしないこと

LINEPayカードのチャージの上限金額は、本人確認前で10万円、本人確認後は1000万円だそうです。

上限近くまでチャージすれば、いちいちチャージする手間がなくていいかもしれませんが私はあえて買い物ごとにその日の予定金額をチャージするようにしています。

理由は二つ。

一つ目の理由はチャージすることで、その日の予算を自分に意識づけて予算管理を徹底するため

もう一つの理由は、カードを紛失したり、不正利用された場合の損害を減らすためです。プリペイドカードなので、チャージしている金額以上の被害に遭うことはないですからね。

 

カードとスマホは一緒に管理しないこと

カードだけ紛失して不正利用されれば、チャージした金額の範囲での損害です。(ちなみに不正利用で保証される金額は10万円まで。10万円以上チャージしないの方が安心して使えますね。)

また、スマホさえ手元に残っていれば、カードの紛失に気づけばすぐにアプリからカードの利用停止を入れることができます。

しかしスマホも一緒に紛失してしまうと、カードの利用停止をかけることもできないし、スマホの画面ロックやアプリのロックも解除されてしまった場合、カードのチャージ残高も確認できますし、アプリから銀行チャージも可能なので危険です。

 

そんなわけでLINEPayカードをも持ち歩くようになってからは、財布をカバンにいれて歩く場合はスマホはポケットにいれたり、同時に二つとも紛失することが無いように気をつけています。

 

LINEPayカードに限らずですが、最近はスマホに金銭の管理の一旦を託すことが増えているので、スマホのセキュリティーもしっかり考えていかないといけないですね。

 

 

他、私はまだ未経験ですが、月額払いに対応していない場合があったり、一時利用が制限されることがあったり、使っていくうちにちょっと不便を感じる場面のあるようです。この辺りは、私が実体験したら追記していこうと思います。

まとめ:LINEPayカードは生活の中で活用するのに向いてるんじゃないかな

今回はLINEPayカードを大体1ヶ月使った体感レポでした。

 

  • 高還元率でポイントはたまるし
  • 銀行チャージにすれば、ATMに出向く手間はないし、
  • うっかり時間帯によって引き出し手数料取られることもないし。

日常使いに非常に向い得ている使い勝手のいいカードだなーと思います。

高還元率が魅力ですが、その背景にはクレジットカードと比較して不正利用に関する補償の金額が少ないとか、問い合わせしたいときのコールセンターの対応が・・・みたいな、「お金に関わることだから手厚い対応が欲しい」というユーザーの期待には添えない部分でコストダウンして高還元率を生み出してるのかな、という感じはします。

 

でも、それってデメリットではないようにも私は感じています。

 

自分で対策をして、不明に感じたことはLINE公式のブログのヘルプやツイッターのアカウントで問い合わせたり調べたりすることはできるので、「自分で管理し、自衛して、必要な情報は自分で確認しに行く」という感覚で使っていけば、さほど困ることはないのかな、と今のところ思っています。

 

LINEPayカードは、カードの利便性も、タイムラグなく現金で支払いが完了する「すっきり感」も、両立することができ、さらに高還元率でポイントもつくので、上手に利用できればいろんなメリットを受けることができると思います。

 

・・・要はユーザーの使い方次第なのかな、と。

 

私はしばらくこのままLINEPayカードをしっかり活用していこうと思ってます♪

 

今回は最後まで読んでくださって、ありがとうございました!

 


スポンサーリンク