主婦日報 家事×育児×書道×イロイロ=ワタシ

家事、節約、育児、書道、ミニマム生活、ダイエット などについて書いています。

やせる生活シリーズ#2:『やせる生活』の始め方

こんにちは、ひみこ@痩せたい です。

f:id:himiko76:20170823122025p:plain

 

今日は「やせる生活」シリーズ2回目です。

ちなみに前回の記事はこちら。

 

www.himiko76life.fun

 

 参考にする本の紹介で終わってしまいました。

今回この本を元に、いかにして「やせる生活」を始めるかをまとめます。

 

やせる生活の始め方

参考にする本「やせる生活」には、やせる生活に入る前にまず3ステップがあります。

ステップ1:セルフモニタリング

f:id:himiko76:20170906224133j:plain

現状(現在の体重や、自分を鏡で客観視するなど)に向き合う。

私はすでに体重は毎日把握済み。写真に映る自分の醜さに絶句するこの頃です。(苦笑)このステップはすでにクリア済みです。

ちなみに体重を測るのは朝1回でいいそうです。「少し増えた」のも毎日の蓄積は危険なので、前日より体重が増えていれば危機意識を持つことが大切。

 

私は、モチベーション維持のために体重の変動は、毎日午前にツイッターひみこ (@himikoraimi) | Twitter)にアップします。

 

ステップ2:目標設定

f:id:himiko76:20170906231502j:plain

数字ではなく、痩せてどんな風になりたいかを意識したほうが、目標を達成し、その後維持できる人が多いそうです。

私の場合はとりあえず短期的には

 

11月末の検査を難なくパスして、似合うサイズの服を新調して、旦那さんとデートする!

 

というイメージを目標にしようと思います。

さらに長期的な目標は

 

家族でビーチリゾートに行って、水着で恥ずかしくない体型で海を楽しむ!

 

を目標にします。

 

今の私では絶対にビーチリゾートを満喫できない。(苦笑)

現状と乖離があるほうが、ワクワクも大きくて楽しめそうです。

 

ステップ3:食べたものを記録して自分を太らせる「犯人」を見つける。

f:id:himiko76:20170906224859j:plain

普段から手帳に食べたものメモはしてるので、だいたい把握してます。

犯人は炭水化物の量とおやつだろうな、と自己分析してます。

この犯人をとっちめるためには、食べ物のバランスと量をするコントロール必要がありそうです。

 

これもモチベーション維持のために私の食事記録をInstagram↓で公開します。

instagram.com

 

 

やせる生活で実践すること

f:id:himiko76:20170906225728j:plain

始める前のステップを確認して、やせる生活で実践することを3つ決めました。

 

1、毎朝体重を測る

朝起きて最初の排泄を済ませて体重測定して、結果をツイッター@himikoraimi)に投稿します。

 

2、食事の記録をInstagramにアップします

食べたもののほぼ全記録をInstagramの専用アカに晒していきます。(https://www.instagram.com/himikonogohan/

 

3、運動は1日なにか1つ

無理せず計測できる程度の運動をします。

運動は今の生活では、わざわざ時間を割いて取り入れることが難しいので、ながら運動など生活に取り入れやすい運動にします。(例えば、旦那さんが買ったっきり使ってないワンダーコアとか、爪先立ちで台所仕事とか、子供と長めの散歩とか。)

 

できる日はDVDなどのエクササイズコンテンツを見ながら自宅で体を動かす日も設けたいと思います。

 

運動関しては、朝の体重推移の報告ツイートの時に一緒に記録を書き添えようと思います。

 

【今回のまとめ】

「やせる生活」を始めるにあたり、現状を確認し、何をすべきか確認できました。あとは、

 

☆実現したいイメージを頭の中に持ちつつ

☆毎朝、体重を計り

☆食べることに配慮し、その記録を残し

☆続けやすい運動をする

 

単純に言えば、これだけです。シンプル♪

 

すでに数日(ツイッターに記録を残さず)してましたが、「やせる生活」の成功の鍵は、「食事」と「ストレスをコントロールしながら継続すること」だな、と思い始めています。

 

成功の鍵をいかに攻略するかを、次の記事以降に書いていこうと思っています。

 

これから先の記事は、私がやせなきゃ説得力ないからなぁ。(笑)

まずは誤差の範囲を超える変化がでれば、私の言葉にも説得力が出るはず。

やるしかない。

 

またご報告します!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!